エイジングリペアは商品名を「AGEST(エイジスト)」に変更しました。
当サイトでは以前の商品であるエイジングリペアを元に口コミ、レビューなどを記載しています。表記は混在していますが、「エイジングリペア」⇒「エイジスト」と読み替えていただけると幸いです。

プラセンタの特徴「成長因子」とは?その種類と役割は?

動物の胎盤から抽出されるプラセンタには、「成長因子」と呼ばれる、若さを保つカギとなる成分が含まれています。

 

豊富な栄養素と共に、この「成長因子」が入っているということこそが、プラセンタがアンチエイジング界で確固たる地位を築き上げた要因です。

 

成長因子の役割

成長因子は動物が成長していく上で欠かせない働きをする成分です。それは、ヒトの場合も同じです。

 

成長が著しい10歳頃までは、自らの体内で成長因子はたくさん生成されています。

 

ところが、成長因子の生成量は10歳をピークに徐々に下がり始め、20代では急激に減少していきます。

 

 

30代、40代と加齢が進むにつれ、自分の体内で作られる成長因子だけではターンオーバーが正常に行われず、どんどん滞っていってしまうようになります。

 

細胞のターンオーバー機能が停滞すると、細胞はダメージを受けていても、なかなかそれを修復、再生することができません。

 

それによって、美容の面から見れば、肌のシワやたるみ、くすみ、シミなどの老化現象となって肌にダメージが蓄積されていくということになります。

 

老化現象を阻止するためには、外から体内へと成長因子を補い、ターンオーバーを促進させることが有効であると考えられます。

 

また、成長因子は新陳代謝を活発にすることから、見た目に分かりやすい肌への美容効果だけではなく、内臓の機能を正常に保つための助けにもなります。

 

年齢を重ねて、特に40代頃からは内臓の働きの低下を実感される方も多いのではないでしょうか?

 

 

成長因子は、各内臓器官に対しても、細胞をリフレッシュするために作用します。このことは、意外と知られていませんが、プラセンタは内臓の不調にも効果があると考えられています。

 

プラセンタに含まれる成長因子の種類

実は、成長因子にはいくつかの種類があり、それぞれに違った働きをしています。

 

それぞれの働きを詳しく見てみると、美容効果以外にも、精神面のバランスまで整えてくれる成長因子もあり、プラセンタはオールマイティーな成分と言えます。

繊維芽細胞増殖因子(FGF)

コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなど、肌のうるおいやハリを保つ上で欠かせない成分を増加させる作用があります。

 

上皮細胞増殖因子(EGF)

上皮細胞に働きかけ、皮膚のターンオーバーを促進します。

 

神経細胞増殖因子(NGF)

神経細胞に作用することにより、自律神経やホルモンバランスを調整する働きをします。

 

インシュリン様成長因子(IGF)

軟骨細胞や平滑筋細胞に働きかけ、細胞の増殖を促進し、関節痛の緩和に役立ちます。また、育毛効果もあるとされています。



エイジングリペアの口コミ トップへ